【雑記】3.11から10年

【雑記】3.11から10年

2021年3月11日
雑記

ㅤㅤㅤㅤㅤ

2011年3月11日。小学1年生だった自分は教室にいた。いつも通り授業が終わり当たり前のようにまた一日を終えるだろうと思っていた。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

でもそれはかなわなかった。あの時授業を受けていた。そんな時少し大きめの揺れを感じた。じっとしているからというのもあるかもしれないが当時の自分にとってかなり大きく感じた。滋賀は普段地震が起こらないので少し心配であった。地元で観測された震度は『3』だった。

学校にいるためテレビも確認できないため情報が全く入らない。申し訳ないが近くで3程度の地震が起きたんだろうなと軽く考えていた。でもそれは違ったのだ。

車で家へ帰宅する際にラジオで流れてた特別報道番組を耳にした。この時点で初めて遠い東北で巨大な地震が起きたと理解できた。ラジオは耳でしか情報を受け入れられない。被災地の状況が想像できない。

15分ぐらいたちようやく家に到着しテレビを見た。それは絶望的な景色が広がっていた。帰宅した時点で大津波警報が発表されていた。というか津波がもう寄せていた。

濁水が街を飲み込んでいた。こんなこと当時の自分には想像できなかった。夢であってほしいと思ったが翌朝より被害状況がわかってきた。東北だけではなく関東などにも被害をもたらし大きいではなく巨大であると。これだけ巨大な被害をもたらした災害は生まれて初めてだった。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤ

これを機に『減災』というものに関心が出た。防災ではなく減災。漢字の通り、防災は『災害を防ぐ』という意味があるが減災では『災害を減らす』という意味がある。ある程度の被害が出るのは承知したうえでどれだけ災害、被害を減らすか。具体的に言えば自宅を耐震補強すること等も該当する。そのような対策に気に掛けてみるのもいいかと思う。

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災。甚大な被害をもたらした『大震災』である。大半の死因が圧死と東日本大震災とはまた違う統計が出る。時代も時代なのか当時は木造住宅が多いうえ十分な耐震補強がされている建物が少なかっただろう。2011年の東日本大震災の死因は津波による水死。阪神淡路大震災よりも圧死者の人数が圧倒的に減ったのは当時よりも建物の耐震技術が上がったからだと思う。10年ほどたてば技術が向上するのも当たり前かのように思われるがこれらは災害から学んでできたことではないだろうか。被害をもたらす災害が起きることは願わしくないことだが被害から学ぶことだってある。犠牲者にとっても災害が起きただけで終わらず次の災害に向けてどのように減災・防災を行うのか考えることを望んでいると思う。実際、行政では東日本大震災よりより被害をもたらすと考えられている南海トラフに備えて防災対策が行われている。災害から学んで次の災害の被害を最小限に抑える。これも重要ではないだろうか。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤ

そして、今までない津波の高さ。想定外の津波。これをどのように受け止めるか。想定されるものより高く思って行動することも必要となる場面が出てくるのかもしれないと学んだ。2mと予測されていてもそれ以上の高さの津波が来るかもしれないと考える。現在の気象庁の津波予測技術は当時よりも(自分では)発達していると思う。予測は予測。誤差、時間が経つほど予測値が上下修正されることがある。予測値に頼るのも大切であるが予測したものよりも高い可能性があると少しでも考えてほしい。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

地元はモロ南海トラフ大震災の被害を受けると予想されている。今までの学びをどれだけ活かせれるか。また、実際災害に直面すれば適切に行動ができずパニックになるかと思うかと思うが適切に行動でき、また助けを求める方がいれば助けられるような人になりたい。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

被災者された方には心からお見舞い申し上げます。また、犠牲になられました⽅々のご冥福を⼼からお祈り申し上げます